国際ソロプチミスト高山クラブ ユ―ス・フォーラム開催
2019.05.26
日 時:2019年5月26日(日) 12:00~16:00
場 所:高山市役所
参加者:57名

審査員 谷口 茂雄 様(元中学校校長)
    下垣内たか子様(高山市教育委員会 学校教育課課長)
    谷口 津弥子 (国際ソロプチミスト高山 会長)


飛騨地区7高校に参加依頼を行い、5高校より、17名の応募がありました。第1部はリジョンテーマに沿った「20年後のあなたと対話する」について、全員の論文発表がありました。それぞれが未来に向けて、堂々と自分の意見を発表する姿はとても頼もしく思いました。

第2部は、審査委員長より提案されたテーマ「身の回りにある様々な偏見や格差を具体的に挙げ、そうした課題にどう向き合っていくか、また、どう解決に導くか、話し合ってみましょう」について、全員でディスカッションを行いました。

少々難解なテーマにもかかわらず、身近な課題を出し合いながら、率直で活発な意見が交わされました。審査員からも、洞察力にすぐれ、なおかつみずみずしい感性に、今後が頼もしいとの講評がよせられ、小さな気づきは必ず世の中を変える大きな力となるとの励ましを受けました。

第1部、第2部を通して、参加生徒のみならず、聴衆でもある私達それぞれにとっても、考えを深めることができ、大変有意義なフォーラムになりました。

最優秀賞の櫻枝かのんさんには高山クラブの代表として7月24日~25日に開催されます国際ソロプチミスト日本中央リジョン主催の「ソロプチミスト ユース・フォーラム2019 in神戸」に参加していただきます。

■谷口会長開会挨拶


■第1部の論文発表(皆さんの堂々とした発表が印象的でした)


■第2部ディスカッション「テーマ」の説明に皆さん真剣そのものです


■受賞者の皆様おめでとうございます。


■参加者全員で記念撮影。お疲れ様でした!
2019.05.26 12:32 | 固定リンク | 2018-2019年度
「日本中央リジョン2018年度分科会・第33回リジョン大会」
2019.04.23
日 時 : 2019年4月23日(火)24日(水)
場 所 : 京都国際会館
出席者 : 谷口会長、伊藤副会長、伊藤順子、荒川、北村、早川、久金、堀口、岩本、岩堤、熊﨑
     村瀬、長坂、白川、田近、高桑、梅村、山下 

23日(火)は、分科会出席のため、高山を早朝6時にバスで出発しました。
午前の第1部、午後の第2部と各委員会がそれぞれの分科会に分かれて出席しました。

今年は、メンバーシップ委員会分科会で、田近会員が、奉仕プログラム委員会分科会で、伊藤副会長がそれぞれSI高山の活動について発表しました。

夕食は、富小路にある「料理旅館天ぷら吉川」で、すてきなお庭を眺めながら大変おいしい天ぷら会席の夕食をいただき、長旅の疲れも癒されていきました。

翌24日(水)のリジョン大会は、SI福知山がホステスクラブとなって開催されました。131クラブ、1,274名の出席でした。

夢を生きる:女性のための教育・訓練賞の受賞者の表彰式、その後は、リジョナルプロジェクトの奉仕先である、大阪赤十字病院交際医療救援部の医師である中出雅治氏による基調講演がありました。

中出医師より、「日本人は、地震など災害には寄付が集まるが、紛争や難民という問題に対しては関心が薄い」とのお話しが印象に残りました。

午後は、連盟理事報告と全体会議があり、高山着は午後10時になりましたが、京都で英気を養ってまいりましたので、全員元気に帰宅いたしました。 

■会場前にて記念撮影


■伊藤奉仕プログラム委員長の発表




■田近メンバーシップ委員長の発表


■2日目のリジョン大会。131クラブ終結

2019.04.23 18:29 | 固定リンク | 2018-2019年度
『SI高山新会員入会式』
2019.03.20
日 時  2019年3月20日(金)13:30~13:45
場 所  例会場(高山信用金庫3F)
席 者  谷口会長(メンバーシップ委員会)田近・中谷・小坂
   

新入会員遠藤明日香さんの入会式を行いました。

式次第に則り新入会員の紹介を行い、会長による歓迎の辞の後、エンブレム(会員ピン)の説明と授与を行いました。

厳粛な流れの中、会旗に向かって宣誓をして頂きました。

ソロプチミスト資料贈呈後、会長より所属委員会の発表があり、最後に新入会員本人より挨拶をして頂きました。

笑顔がとても素敵な遠藤会員には早く慣れて頂き、楽しく例会や奉仕活動に参加していただきたいと思います。

■エンブレム会員ピンを授与される遠藤明日香さん
 

■遠藤明日香さんのご挨拶に会場は和やかな雰囲気に包まれました


■入会おめでとうございます。今日の日を祝して
2019.03.20 16:46 | 固定リンク | 2018-2019年度

- CafeNote -