『山ゆり学園・夕陽ケ丘』支援金贈呈
2017.12.13
日 時  2017年12月13日(水) 15;00~16;30

場 所  山ゆり学園

出席者  山下会長・高桑・橋本・熊﨑・荒川・早川・稲葉・打江・大保木


山ゆり学園・夕陽ケ丘の皆さんが毎年楽しみに待っていて下さるクリスマス交歓会も今回で16回目になります。

高山西高等学校ウインドアンサンブル部からは3年生9名の生徒さんが参加してくださり、心のこもった演奏をしてださいました。演奏中、音楽に合わせて歩く一人の男の子がいました。

その姿を見て、同じ社会に生きていく中でどれだけ同じ目線でもの事を見て感じられるのかが大切であると、演奏曲の「ジュピター」を聴きながらそう思いました。

演奏後サンタに扮した会員と共にプレゼントの菓子を配りました。

雪の舞う玄関先で、私たちが帰る車に数人の男の子が力一杯、手を振って見送ってくれました。
私達の思いが彼らと繋がったように感じました。










2017.12.13 17:28 | 固定リンク | 2017-2018年度
『であい塾』支援金贈呈式
2017.11.24
日 時  2017年11月24日(金) 午前9時

場 所  高山市役所3F 教育委員会 教育長室

出席者  山下会長・高桑・伊藤早苗・橋本・大保木


2005年より支援させていただいています小中学生が在籍している適応指導教室「であい塾」へ備品購入金として5万円(スノーダンプ.石油ストーブ.教材)と目録を贈呈させていただきました。

不登校の生徒宅に何度も訪問され出会い塾に来られるようになったお話や、であい塾に通っていた生徒が高校を卒業し、社会人となって働いている自立した姿に感動されたお話を聞かせていただきました。

中野谷教育長のお話から一人一人生徒の生活にあった対応をされ、スタートラインにたてるまで寄り添い、とても根気よく接してみえることがよくわかりました。

であい塾は、勉強の場であり、生活の場であり、それに必要な備品をSI高山の支援で購入することができ感謝していますとのお言葉をいただき、であい塾の事を多くの方に知ってもらい、気にかけて貰うことがとても嬉しいと話されました。

■支援金と目録贈呈


■感謝状をいただきました。




■撮影後であい塾についての先生方の思いや、支援活動についての話が交わされました。

2017.11.24 18:50 | 固定リンク | 2017-2018年度
ソロプチミスト日本財団 平成29年 年次贈呈式参加
2017.11.17
日 時  2017年11月17日(金)~18日(土)

場 所  パシフィコ横浜 国立大ホ―ル

出席者  山下会長・谷口副会長・久金・早川・岩堤・高桑・熊﨑
     村瀬・南・荒川・田近・堀口・梅村・伊藤早苗


“ソロプチミスト日本財団 平成29年 年次贈呈式„に参加しました。
早朝5時半に高山を出発し6時間をかけて会場に到着しました。
財団関係者の挨拶や地元クラブの歓迎挨拶後に、来賓の黒岩祐治氏、神奈川県知事・林文子氏が祝辞を述べられました。

第38回贈呈式では今年度の女性研究者賞に京都大学医学部附属病院産婦人科特定病院助教の江川美保氏が受賞された他、千嘉代子賞に3名、社会ボランティア賞に32団体・個人、学生ボランティア賞に13団体・個人が表彰されました。

全体の講評後27年度の女性研究賞の石塚真由美氏が助成を受けた成果を発表されました。
「夕食の集い」ではフランス料理とジャズセッションを堪能し、宿泊ホテルからの港の眺めも素晴らしく、夜の横浜を満喫しました。

翌日は東京「はとバスツアー」を楽しみ、夜、高山に帰りました。財団委員長の伊藤早苗さんより「来年の開催地は仙台です。是非参加しましょう」との報告がありました。

■6時間の長旅も若さでカバー。


■第38回贈呈式


■楽しい一時「夕食の集い」


■「はとバスツアー」を楽しんできました。

2017.11.17 17:37 | 固定リンク | 2017-2018年度

- CafeNote -