「日本中央リジョン2018年度分科会・第33回リジョン大会」
2019.04.23
日 時 : 2019年4月23日(火)24日(水)
場 所 : 京都国際会館
出席者 : 谷口会長、伊藤副会長、伊藤順子、荒川、北村、早川、久金、堀口、岩本、岩堤、熊﨑
     村瀬、長坂、白川、田近、高桑、梅村、山下 

23日(火)は、分科会出席のため、高山を早朝6時にバスで出発しました。
午前の第1部、午後の第2部と各委員会がそれぞれの分科会に分かれて出席しました。
今年は、メンバーシップ委員会分科会で、田近会員が、奉仕プログラム委員会分科会で、伊藤副会長がそれぞれSI高山の活動について発表しました。
夕食は、富小路にある「料理旅館天ぷら吉川」で、すてきなお庭を眺めながら大変おいしい天ぷら会席の夕食をいただき、長旅の疲れも癒されていきました。

翌24日(水)のリジョン大会は、SI福知山がホステスクラブとなって開催されました。131クラブ、1,274名の出席でした。
夢を生きる:女性のための教育・訓練賞の受賞者の表彰式、その後は、リジョナルプロジェクトの奉仕先である、大阪赤十字病院交際医療救援部の医師である中出雅治氏による基調講演がありました。中出医師より、「日本人は、地震など災害には寄付が集まるが、紛争や難民という問題に対しては関心が薄い」とのお話しが印象に残りました。
午後は、連盟理事報告と全体会議があり、高山着は午後10時になりましたが、京都で英気を養ってまいりましたので、全員元気に帰宅いたしました。 

■会場前にて記念撮影


■伊藤奉仕プログラム委員長の発表




■田近メンバーシップ委員長の発表


■2日目のリジョン大会。131クラブ終結

2019.04.23 18:29 | 固定リンク | 2018-2019年度
『SI高山新会員入会式』
2019.03.20
日 時  2019年3月20日(金)13:30~13:45
場 所  例会場(高山信用金庫3F)
席 者  谷口会長(メンバーシップ委員会)田近・中谷・小坂
   

新入会員遠藤明日香さんの入会式を行いました。

式次第に則り新入会員の紹介を行い、会長による歓迎の辞の後、エンブレム(会員ピン)の説明と授与を行いました。

厳粛な流れの中、会旗に向かって宣誓をして頂きました。

ソロプチミスト資料贈呈後、会長より所属委員会の発表があり、最後に新入会員本人より挨拶をして頂きました。

笑顔がとても素敵な遠藤会員には早く慣れて頂き、楽しく例会や奉仕活動に参加していただきたいと思います。

■エンブレム会員ピンを授与される遠藤明日香さん
 

■遠藤明日香さんのご挨拶に会場は和やかな雰囲気に包まれました


■入会おめでとうございます。今日の日を祝して
2019.03.20 16:46 | 固定リンク | 2018-2019年度
2019年『SI高山新年懇親』開催
2019.02.22
日 時 2019年2月22日(金) 18:00~
場 所 花兆庵
出席者 谷口会長と会員36名

2月22日 花兆庵にて2月例会の後、新年懇親会が開催されました。

谷口会長は開会の挨拶で、後期開催予定のユースフォーラムについての協力のお願いがあり、その後「今日は楽しみましょう!」との言葉で新年懇親会がスタートしました。

続いて、喜寿の北村会員と南会員のお祝いがあり、花束贈呈と記念撮影が行われ、会場は温かい雰囲気に包まれました。

高木会員の乾杯の発声で宴が始まり、田近会員によるご祝儀舞、北村会員の「めでた」が披露されました。

余興では、理事会メンバーの「なんちゃって花笠音頭」では可愛い衣装と笠回しに会場からの大きな拍手で盛り上がっていきました。

メンバーシップ委員会と当番合同の余興では会員の花柳美玲師匠の指導で筋肉を鍛える和のフイットネス(NOSS)を披露し大変好評でした。

喜寿の北村会員と南会員は小唄「並木駒形」で吉原の風情を演出し会場は大笑いとなりました。ジャンケンゲームは北村会員が優勝し「賞金は特別会計へ」との申し入れに会場からは大きな拍手が湧きました。

閉会の挨拶では伊藤副会長が「美味しい料理やお酒で飛騨の文化の嗜みを身につけながらSI高山の親睦が図られました。今後益々の発展を願います」と締められました。

今年の新年懇親会はお祝いあり、大笑いあり、盛りだくさんの余興の中、終えることができました。

■北村会員と南会員を囲んで「おめでとうございます!」


■理事会メンバーの「なんちゃって花笠音頭」いつもより美人!


■頑張りました!和のフイットネス(NOSS)

 
■北村会員と南会員の「並木駒形」吉原の楽しくも、のんきな遊び唄!



2019.02.22 21:14 | 固定リンク | 2018-2019年度
『国際ソロプチミストアメリカ日本中央リジョンガバナ―研修会』参加
2019.02.20
日 時  2019年2月20日(水)14:00~16:00
場 所 名古屋マリオットアソシアホテル16Fタワーズボールルーム
出席者  谷口会長・伊藤副会長・荒川・岩堤・北村・脇本・村瀬・堀口・熊﨑・早川・伊藤順子
    岩本・山下・梅村・高桑


高山より名古屋まで約2時間のドライブと車中での交流を楽しみながら、名古屋マリオットアソシアに到着しました。

今期より、これまでの各クラブへのガバナ―公式訪問に替わって、近隣のクラブが、まとめて参加する「ガバナ―研修会」が愛知県、三重県、岐阜県下から22クラブ、322名が参加して開催されました。(今回を含め7か所で開催)

宮脇テル子ガバナ―による「ソロプチミストの歴史と未来」についてのお話に続き研修が行われました。

研修内容は連盟からのEメールの管理や国際ソロプチミストの法人化の説明等の箇所についての大変細かい説明であり、会場で聞くだけでは少々難解なことが山盛りの研修でした。

新たに開催された研修会は名古屋という比較的近い場所で、短時間の研修会が開催されたことは私たちとしては、負担が少なくよかったのではないかと思いました。

今後、ソロプチミストの私たちもネット社会とうまく付き合っていかなければならないということを実感した研修会でした。

15名の参加会員の皆様お疲れ様でした。

■会場到着、名古屋マリオットアソシアホテルにて


■研修会場案内版に少し緊張します


■会場内風景



2019.02.20 21:04 | 固定リンク | 2018-2019年度
卓話『いくつになっても人の脳は進化します』
2019.01.23
日 時  2019年1月23日(水)13:30~14:00 
場 所  例会場(高山信用金庫3F)
講 師  濱口徹子様
出席者  例会出席者 

例会前に、濱口徹子様より「いくつになっても人の脳は進化します」と題して卓話を聞かせていただきました。

濱口様は幼少の頃よりヨガとモダンダンスを習われ、その後プロのダ ンサーを目指してカナダ国立バレエ学校を卒業されました。帰国後ダンサーとして活躍され、2012年ご長男の出産を機に飛騨に移住されています。   

卓話では、精神(脳神経)と肉体を統合する訓練方法により、達成できなかった身体の動きができるようになった事例などについてお話しいただきました。

自らの体を知ることの大切さと、世の中の女性達が社会的標準に合わせるのではなく、自分自身のポテンシャルを最大限に発揮し、より自分らしく自由に力強い健康と美を持つことが大切だと学ばせていただきました。そして、そのことが結果としてより良い社会への貢献に繋がっていけば良いと思いました。

質疑応答では丁寧にお答えくださり、歩くことの大切さや子どもを育てる高山の環境のすばらしさについても熱く語ってくださいました。

■動きを交えて話される濱口徹子様


■谷口会長よりお礼の言葉


■保険奉仕委員会の皆様と共に
2019.01.23 16:49 | 固定リンク | 2018-2019年度

- CafeNote -