『会長交代式及び役職終了理事花束贈呈・皆出席者表彰』
2019.07.17
日 時 : 2019年7月17(水)
場 所 : 高山信用金庫3F 例会場
出席者 : 谷口会長・会員35名

7月例会にて会長交代式及び役職終了理事花束贈呈と皆出席者表彰式を行いました。

谷口会長は「今年度の任務を全うできたことは会員皆様のご協力のおかげです。」と感謝の言葉を述べられた後、「私が18年前に会長をした当時とは様々なことが違いましたが、良い経験をさせていただきました。42名の会員の皆さんとお付き合いができたことを幸せに思います」と話されました。

伊藤新会長は「ソロプチミストで職業、年齢を越えた多くの方々と出会えました。ユース・フォーラムやキャリア教育で関わった将来を担う若者を今後も支援していきたいと思います。また会員の皆様との親睦をさらに深めていきたいと思います。」と笑顔で話されました。

和やかな雰囲気の中での両会長挨拶に会員は惜しみない拍手を送っていました。

皆出席者表彰では梅村出席委員長より年間出席率利86%が伝えられ、皆出席者の名前が読み上げられました。

17名の皆出席者の皆様ご苦労様でした。

■会長交代式にて会旗の受け渡し


■谷口会長有り難うございました!伊藤新会長宜しくお願いします!


■役職終了理事花束贈呈「会員一同感謝です。」
  

■17名の皆出席者の皆様(大きなご褒美に満面の笑顔!)
2019.07.17 18:33 | 固定リンク | 2018-2019年度
『令和元年新入生ウインドアンサンブル部Sクラブ入会式及び支援金贈呈』
2019.06.21
日 時 : 2019年6月21日(金) 15:30~14:00
場 所 : 高山西高等学校
出席者 : 谷口会長・伊藤・堀口・梅村・西村・大保木(広報)

今年度は21名の新入生を迎え、西村スポンサーシップ委員長の進行により、Sクラブ入会式が執り行われました。谷口会長からピンの贈呈がされ、「Sクラブの会員として責任を果たしますか」の問いに力強く宣言していただきました。

続いてSクラブ誓約の唱和を全員で行いました。
誓約の中に「学校や地域社会において、正しい信念のもと良き市民としての義務を果たすよう努力します」とあります。Sクラブの生徒だけでなく、私達も日頃から心に留めておくべき文言と思いました。

クラブ会長と顧問の長瀬先生からは、支援金に対する感謝と、活動報告と共に「更なる努力を続けていきます」と、お言葉をいただきました。

式終了後、緊張がほぐれた皆さんの笑顔に、Sクラブの会員として地域に愛され、大きく成長される姿を楽しみに見守らせていただきたいと思いました。

■笑顔がステキな礼儀正しい新入生の皆さん


■力強い宣誓


■支援金贈呈


■入会式後の記念撮影

2019.06.21 16:25 | 固定リンク | 2018-2019年度
「新緑例会」開催
2019.06.19
日 時 : 2019年6月19日 8時~18時
場 所 : 岐阜県多治見市とうしん学びの丘・虎渓山永保寺 他
出席者 : 会長・副会長・会員21名

今回の新緑例会は東濃信用金庫とうしん学びの丘エール(研修室にて例会)併設の東濃美術館、虎渓山永保寺を訪ねました。

例会後は美術館を観賞し、昼食はレストラン、シエ・ブラウゼでフレンチのコースをいただきました。食後にはお土産の購入などの時間もあり、会員の皆様は楽しい一時を過ごしていました。

その後は向かった虎渓山永保寺は岐阜県に2つある国宝建築物の観音堂、開山堂、禅堂ならびに本堂を所有するお寺で、現在も禅寺修行が行われているとのことでした。

本殿火災の再建に係わった宮大工が高山の方というご縁もありご住職様、修行僧の方に案内をしていただき有意義な時間を過ごすことができました。

新緑例会開催地が多治見と遠方であり、盛りだくさんの内容であったため、解散時間が18時過ぎになりましたが、皆さんのご理解とご協力により無事に終えることができました。ありがとうございました!皆様お疲れ様でした。

  
■素晴らしい建物、とうしん学びの丘 エール。


■とうしん東濃陶芸美術館


■窓の外の豊かな緑。シエ・ブラウゼにて


■国宝の観音堂。堂内には中央岩窟式厨子の中にご本尊がお座りです。


■企画してくださった環境奉仕担当の久金委員長に感謝の一日でした。

2019.06.19 13:18 | 固定リンク | 2018-2019年度
令和元年「高山市キャリア教育を考える会」出前講座
2019.06.10
日  時:2019年6月10日(月) (13:25~15:25)
場  所:丹生川中学校
出席者名:谷口会長

(講師)橋本・伊藤(順)・伊藤(早)・岩本・鍋島・長坂・坂口・瀬戸山・白川・田近・梅村・打江・遠藤・高桑
(教育奉仕) 山下

丹生川中学校2、3年生(88名)を対象に「キャリア教育出前講座」を実施しました。

宇野学校長は挨拶で出前講座を聞いて自分の力で進路の選択を考え、仕事に対するイメージを持ってほしい。と話され、将来に向けて「いつだって命(仕事)から逃げない」「仕事は上機嫌でやれ」というメッセージを生徒に贈られました。

全体講話は英語塾講師・翻訳家の橋本美樹会員がアメリカの学校を卒業後、現地での就職から現在の英語を生かした仕事に至るまでの経緯を話し、自分のやりたいことを好きになりアンテナを張ることや、努力と挑戦の大切さと楽観的になる大切さ、出会いの大切さを熱く語りました。

分科会では14名の講師がそれぞれに自身の職業(会社)の内容や、経験談、仕事をするうえでの大切なこと、人との関わり方等を話し、生徒の皆さんからも沢山の質問が出ていました。分科会感想発表では沢山の感想が発表され、当クラブ会員にとっても貴重な意見を聞くことができる場となったと思います。

最後に3年生がお礼の合唱「ふるさと」を披露してくれました。数年後には、「ふるさと」を後にする生徒が多いと思いますが、何かあった時ふるさとを思い出して前へ進んでほしいと思いながら澄んだ歌声に聴き入りました。

■橋本美樹会員の全体講話(真剣に聞き入っている生徒の皆さん) 


■会員講師と生徒6~7人の和やかな分科会(質問あり、笑いあり!)




■しっかりとした感想発表に会員も充実感を感じました。

2019.06.10 14:11 | 固定リンク | 2018-2019年度
国際ソロプチミスト高山クラブ ユ―ス・フォーラム開催
2019.05.26
日 時:2019年5月26日(日) 12:00~16:00
場 所:高山市役所
参加者:57名

審査員 谷口 茂雄 様(元中学校校長)
    下垣内たか子様(高山市教育委員会 学校教育課課長)
    谷口 津弥子 (国際ソロプチミスト高山 会長)


飛騨地区7高校に参加依頼を行い、5高校より、17名の応募がありました。第1部はリジョンテーマに沿った「20年後のあなたと対話する」について、全員の論文発表がありました。それぞれが未来に向けて、堂々と自分の意見を発表する姿はとても頼もしく思いました。

第2部は、審査委員長より提案されたテーマ「身の回りにある様々な偏見や格差を具体的に挙げ、そうした課題にどう向き合っていくか、また、どう解決に導くか、話し合ってみましょう」について、全員でディスカッションを行いました。

少々難解なテーマにもかかわらず、身近な課題を出し合いながら、率直で活発な意見が交わされました。審査員からも、洞察力にすぐれ、なおかつみずみずしい感性に、今後が頼もしいとの講評がよせられ、小さな気づきは必ず世の中を変える大きな力となるとの励ましを受けました。

第1部、第2部を通して、参加生徒のみならず、聴衆でもある私達それぞれにとっても、考えを深めることができ、大変有意義なフォーラムになりました。

最優秀賞の櫻枝かのんさんには高山クラブの代表として7月24日~25日に開催されます国際ソロプチミスト日本中央リジョン主催の「ソロプチミスト ユース・フォーラム2019 in神戸」に参加していただきます。

■谷口会長開会挨拶


■第1部の論文発表(皆さんの堂々とした発表が印象的でした)


■第2部ディスカッション「テーマ」の説明に皆さん真剣そのものです


■受賞者の皆様おめでとうございます。


■参加者全員で記念撮影。お疲れ様でした!
2019.05.26 12:32 | 固定リンク | 2018-2019年度

- CafeNote -